総合教育研究所へようこそ
Educational Research Institute
東大受験

segのクラス分けの難易度は?基準は?数学と多読は?警告や追試とは?保護者会や面談や評判は?

segのクラス分けの難易度は?基準は?数学と多読は?警告や追試とは?保護者会や面談や評判は?

鉄緑会についで、エリート塾の一つであるSEGのクラス分けの難易度についてご紹介します。

segクラス分けの難易度(数学)

以下は、SEGの数学のクラス分け難易度を示しています。
ZクラスはSEGに入塾したばかりの生徒のクラス。
例えば、中学生であれば、AクラスかBクラスに分かれ、成績優秀者はBクラスに入ります。
中学2年生では、BクラスとCクラスに分かれ、成績優秀者はCクラスに入ります。
中学3年生では、CとDクラスに分かれます。

segクラス分けの難易度(多読)

英語は数学と少し異なり、中学1年生は、AとBクラス。
中学2年生になると、B、C、Dクラスの3クラスに分かれます。
中学3年生になると、DとEクラスと2クラスに減ります。

 

スポンサーリンク



SEGのクラス分けテストの実施回数は?

SEGのクラス分けテストは年に3回実施されます。

新クラステスト実施期間
1学期のクラス分けテスト2月~4月上旬
2学期のクラス分けテスト6月~8月
3学期のクラス分けテスト11月から1月上旬

スポンサーリンク




segのクラス分けの難易度や基準は?(中1数学)

クラス分けテストの配点により、レベルに応じたクラスに分けられます。
Aクラス以下の点数を取ると、警告を受けたり、それ以下の点数なら再試験を受ける必要があります。

segのクラス分けの難易度や基準は?(中1多読)

SEGでは英語のことを多読と呼びます。
多読のクラスでは、警告や再試験はありません。
得点に応じたクラスに分けられます。

segのクラス分けの難易度や基準は?(中2数学)

中学2年生になると、CクラスとBクラス、そして、新塾生のXクラスに分けられます。
得点が低いと警告を受けたり、再試験を受けないといけません。

segのクラス分けの難易度や基準は?(中2多読)

中学2年生になると、Dクラス、Cクラス、Bクラスと3クラスになります。
警告や再試験はありませんので、得点に応じたクラスに分けられます。
Dクラスは成績優秀者が在籍しており、900点満点のテストを受けます。
CクラスとBクラスは300点満点のテストを受けます。
それぞれ異なるテストを受けることになります。

スポンサーリンク



segで警告を受ける子は?

クラス分けテストで警告を受ける生徒は、授業についていけなくて、つまらないと感じている可能性が高いです。

テストの結果をよく分析をして、追試を受けて、上のクラスへ上がって欲しいと思います。

segの面談は保護者会やZOOM利用

不定期ですが、多読の保護者会やZOOMによる担任と保護者との面談があります。
授業態度や成績について、お話しすることができます。

先生のコメント
・中学生のうちに数学が苦手にならないよう、まんべんなく勉強すること
・一つでもテクニック(解法)を覚えて行った方が良い
・点数が上がると一気にモチベーションアップに繋がる
・宿題の復習を徹底すること
・分からなければ、担当に先生かチューター(院生)に質問する
・生徒は遠慮して質問に来ないし、質問するのは決まっていつも2人だけ
・SEGは通常の授業ではなく、違った角度から数学の面白さを感じる講義をしている

スポンサーリンク




segの素晴らしさ

segを卒業した生徒は、数学も多読も授業が面白く、ためになる。
難しい長文もどんどん読めるになったなど、segに最後まで通って本当に良かったという意見が多いです。
数学や多読の先生は、ハイレベルで講義も面白く、そして分かりやすいと好評です。
数学といえばSEG!と聞いたことがある人もいると思います。

そんなエリート塾の一つであるSEGの素晴らしさ、すごさをこれからも伝えていきたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

segの合格実績から東大合格者のみを徹底分析!2022年度
segの合格実績から東大合格者のみを徹底分析!2022年度segの合格実績から東大合格者のみを徹底分析!2022年度...
segの合格実績とは?segから東大への合格実績は?
segの合格実績とは?segから東大への合格実績は?segの合格実績は?東大進学率は?鉄緑会との差は?...
seg鉄緑会比較
segと鉄緑会を比較検討してみたseg鉄緑会比較...
鉄緑会東大合格
[グノーブルと鉄緑会]東大合格者を多数排出塾を比較!やグノーブルや平岡塾とは?[グノーブルと鉄緑会]鉄緑会東大合格SEG平岡塾グノーブル...

 

スポンサーリンク



RELATED POST