総合教育研究所へようこそ
Educational Research Institute
小学校情報

慶應義塾横浜初等部に合格実績がある幼児教室は?

慶應義塾横浜初等部向き幼児教室うや塾

慶應義塾横浜初等部の授業の特徴として、週6日制を導入し、十分が授業時間数を確保されています。ほとんどの私立小学校は週5日で土曜日は休校ですが、慶應義塾横浜初等部は土曜日が登校し授業があります。
それには、詰め込み学習や先取学習ではなく、真のゆとりある教育を通して、確かな学力の定着を目指しているからです。

小学校での学習への姿勢などはその先に大きな影響を与えるので、小学生の頃に学校でしっかりと基礎学力を養うことができるのは本当にありがたいことです。そのようなことから人気が高い慶應義塾横浜初等部への志願者が増える中で、合格実績がある幼児教室をまとめてみました。

 慶應義塾横浜初等部の合格実績がある幼児教室は?

慶應義塾横浜初等部に入学できた経歴がある幼児教室を以下にまとめておきました。

ジャック幼児教育研究スイング幼児教室理英会
慶応会しながわ・目黒こどもわかぎり21
ひとみ幼児教室東京英才学院メリーランド教育研究
富士チャイルド湘英会ICE
こぐま会フォレスト幼児教室米田幼児教室
ミック幼児教室さつき会幼児教室おかがき幼児教室
チャイルドアイズクライスアカデミーアリスこどもスクール

検索をかけると、このように様々な幼児教室が出てきました。
しかし、この幼児教室たちは一部にすぎずまだ他の幼児教室でも合格者が出ているはずです。

幼児教室のホームページに掲載されている合格実績ですが、様々なカラクリがある場合が多いので注意して見てください。
例えば、ある私立小学校に「〇〇小学校の定員〇〇中、〇〇人合格しました!」などの文言をよく見ます。この数字が、「〇〇小学校の定員50人中、25人合格しました!」であるとします。
単純に考えて、合格者の半分がこの幼児教室の生徒であるということになりますが、さすがにそんなはずがありません。

この文章のカラクリには、〇〇小学校の補欠合格者が含まれているのです。
補欠合格というのは、合格には届かなかったが正式に合格している生徒が、辞退や他の理由によって入学をしない場合に、繰り上がって合格することができる仕組みです。
多くの私立小学校では、この仕組みがあります。

大手塾では、補欠合格者が何人出ているのかをホームページで掲載しておらず、ぱっと見勘違いしてしまいそうな文言が並んでいたりします。
一方で、個人塾の場合も同じようなカラクリが隠れている文言がある場合や、全て正直に掲載している幼児教室も存在します。
1番信ぴょう性があるのは、受験者の母数を掲載している幼児教室ではないでしょうか。

たとえ、合格実績が他の幼児教室より悪くともカラクリが隠れているよりも信頼できるように思います。

希望する私立小学校・国立小学校に対して合格実績がいいからという理由で選ぶよりも、信頼関係が築ける先生の元で学ぶことの方が満足感はあるのではないでしょうか。

40%;”>スポンサーリンク




RELATED POST